スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親の努力

先週末、知人の息子がブンデス、デビュー(厳密には初先発)を飾り、しかも初ゴールを決めました。

ホームの試合でしたが、私は会場に行っていなかったので知らず、夜テレビのハイライトを見てそのことを知りました。

育成で有名なクラブで、彼はまだ19歳。才能あふれる姿をみて、うれしく思ったのはもちろんですが、

彼を育てた知人がとてもうらやましく思えました。


うまく言葉が見つからないので「うらやましい」と表現しましたが厳密には、

自分の息子が大舞台(5万人を超える大観衆)で、前年のマイスターを相手に起死回生(試合は引き分けでしたが)の一点を決める。

父親として、これ以上うれしい事があるのでしょうか?

彼は毎日、息子たち(3人)の為、「職業は運転手?」というくらい、練習会場を行ったりきたり、
もちろん週末も試合会場に通っているのを知っています。

もちろん彼(息子)の才能もあるのでしょうが、子供が物事を継続していくことができるのは

親の協力あってのみだと思います。


そういう意味で、息子の活躍は彼自身(知人)の努力の賜物といえるんじゃないでしょうか。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。